グラフィックデザインができればコーディング代行でホームページ制作ができる

グラフィックデザインができればコーディング代行でホームページ制作ができる

グラフィックデザインができればコーディング代行でホームページ制作ができる グラフィックデザインができればホームページも簡単に作ることができるのではないかと考えがちではありませんか?

しかし、ウェブの表示には特別な知識が必要で、それらを実現させるためにはコーディング作業が発生します。そういったことから平面的なデザインであるグラフィックデザインができても意外にホームページがすぐには作れないのです。

しかし逆に考えればグラフィックデザインができればコーディング代行を頼めばホームページも作りやすいということになります。
画面のレイアウトや画像の処理などグラフィックデザイナーは得意なので、それらをカラーカンプの状態でコーディング代行を行うコーダーに指示すれば、まったくウェブデザインができない人やグラフィックデザインができない人が依頼するよりもかなりスムーズで高いレベルのホームページを作ることができます。

紙面の印刷デザインやDTPなどのグラフィックデザイナーがすぐにウェブデザイナーになれないのは、コーディング作業に対する知識がないためとも言えます。
これらのデザイナーとコーディングというつなぎを、コーディング代行という形で行えばそれらのデザイナーでもウェブデザインができるといってもいいぐらいです。画像や文字のフォントなどグラフィックデザインの素材も調整が必要ですがウェブ素材として活用できます。

最新記事